WordPress でブログ記事を執筆する「投稿」の方法について、数回に分けて解説するシリーズ記事です。

当記事は「本文を入力する」で入力した文章を装飾したり、体裁を整える方法について解説いたします。
今回は「見出し」です。

[投稿の基本][Classic Editor] 本文を入力する
WordPress で最初に覚えたい機能が「投稿」です。当記事では「ブログ記事本文」の入力方法について解説いたします。
WordPress の"ワ"の字から


投稿の大まかな流れ、投稿画面への遷移ついては次をご覧ください。

[投稿の基本][Classic Editor] 概要
WordPress でブログ記事を制作する機能「投稿」について、数回に分けじっくりと解説いたします。今回は「概要」です。
WordPress の"ワ"の字から

「文字の選択」について方法は次をご覧ください。

[投稿の基本][Classic Editor] 投稿本文の文章を選択するには ?
WordPress で最初に覚えたい機能が「投稿」です。当記事では文章を装飾するために必ず行う「文章の選択」について解説いたします。
WordPress の"ワ"の字から

「見出し」とは

「見出し」には、次の 2 つの意味があります。

  • 1.内容が一目でわかるようにつけた標題
  • 2.内容がすぐわかるように書き出した目次・索引など

投稿の章立てを考え、適度に見出しを立てることは書き手、読み手、双方の理解を助けますよ。

「見出し」の設定方法

文章の「見出し」を設定します。
今回、図 1 の文字を入力しました。

図 1 : WordPress 見出しとする文章
図 1 : WordPress 見出しとする文章

次に、図 2 に示すよに文字を選択します。

図 2 : WordPress 見出しとする文章を選択
図 2 : WordPress 見出しとする文章を選択

図 3 に示す、ツールバーの「段落」をクリックします。

図 3 : WordPress ツールバー 段落
図 3 : WordPress ツールバー 段落

すると、図 4 のように復数の見出しのリストが表示されます。

図 4 : WordPress ツールバー 段落
図 4 : WordPress ツールバー 段落

見出しのリスト一つ選択 (クリック) してください。
今回は「見出し2」を選択します。


「見出し2」が反映され、図 5 のように文字の大きさが変化しました。

図 5 : WordPress ツールバー 段落
図 5 : WordPress ツールバー 段落

見出しレベルについて

見出は「見出し1」から「見出し6」まで 6 つのレベルが用意されています。
この数値は値が小さいほど大きい (強い) 意味を持っています。

図 7 : 文章構造例
図 7 : 文章構造例

図 7 は文章を階層構造にしたイメージです。
このように、「見出し1」が最も大きな箱になり、その中に「見出し2」「見出し3」と、小さな数字の見出しが入るイメージです。

出しは文字の大きさだけではなく、「文章の構成」を示してい るということはぜひ覚えておいてください。


当記事では設定例として「見出し2」を設定しました。 なぜ「見出し1」ではないのかと疑問に感じた方もいらっしゃると思います。

その理由は、WordPress の 詳細画面ではタイトルが「見出し1」に相当する ためです。

投稿本文中にも「見出し1」を用いると「大見出しが復数並ぶ」格好になりますから、そうではなく「見出し2」を用いて「大見出しの下に小見出しが並ぶ」という格好にすることが、文章構造としてはベターなのです。

まとめ

うぇぶろう

「見出し」の設定方法は次の 3 ステップです。

  • 投稿本文の文章を選択し
  • ツールバーの「段落」をクリック
  • 見出しや段落の一覧から一つ選択する

特に「見出し」は「文章の構造」と「見た目」の両観点から、適切な構成をとることが理想ですよ。